ひとくちに留学と言ってもその目的や内容は様々です

subpage01

「留学して、もっと力をつけたい」と思ったことはありませんか?留学の目的や内容は、その目指す分野によって様々です。


英語をはじめ、語学の習得が目的のものや、音楽やバレエやテニスのように芸術やスポーツの技術の向上を目指すもの、料理人になることや家具職人のように、仕事に必要な技術を得るためのものなど、様々な種類の留学があります。



また、例えば、「アメリカで医師として働きたい」という目的がある方で、「大学付属の語学学校で3か月間英語を勉強してから、大学の医学部に入学する」というように、時にはこれらの目的を組み合わせることもあります。
春休みを利用した1週間というような短期のものもあれば、数年間にわたる長期間のものもあります。
また、現地の大学や専門学校など、公立の学校で学ぶのか、それとも民間の運営する学校で学ぶのかによっても、内容や費用が違ってきます。



学校へ行かずに現地の企業に就職して、実践経験を積みながら学ぶケースもあります。


このように、期間やどのような形式で学ぶのかには、様々なバリエーションがあります。

もちろん、選ぶ国や地域によって、かかる費用や条件も、大きく異なってきます。

BIGLOBEニュースの情報を掲載しています。

どのような目的で留学するにしても、ご自分に合った留学先を選ぶには、事前の下調べが最も大切です。特に、学校へ入学する場合は、試験の内容やスケジュールについてもしっかり把握して、受験対策をしておく必要があります。資料請求したり、体験談を集めたり、時には現地へ下調べに行くなどの情報収集が大切です。